”こだわり”の見つけ方

なんとなく、「編集部」という響きが格好良くて、
勝手にキャライフ編集部を名乗りたいと思った担当Yです。

さて、勝手にキャライフ編集部員になってみましたが、
つまるところ、どんな商品を作ろうかと頭を抱えるという
私のお仕事は変わらないものです。

アウトプットをするということは、まずインプットするのが世の常。
例えば、「絵柄が浮き出るしょうゆ皿 スカイラインGT-R(BNR32)」
は、猫や富士山の「しょうゆ皿」を見た経験(インプット)と
たまたまデスクにあったGT-Rのエンブレムが奇跡的に噛み合った結果、
生まれた商品です。

つまるところの話、
私が仕事中にネットサーフィンをしていることがあったとしても、
それは大切なインプットタイムなんです。
という、言い訳でした。

担当Y

▲トップへ戻る