珠玉の名車「ポインター号」の1/64スケールミニカー・切手セット登場!

ウルトラ警備隊の特殊車両「ポインター号」

そのスタイリッシュなデザインは、数あるウルトラマンシリーズに登場するメカの中でも圧倒的な人気を誇っている名車として既知のことかと思う。数々の特殊装備を内蔵しており、『ウルトラセブン』を観ていた少年たちをを虜にしてきた。

2018年4月から6月までの期間、郵便局限定で販売されていた「ウルトラセブンポインター京商製ミニカー付きフレーム切手セット」の別注モデルが新たにキャライフに登場。本別注モデルでは、フレーム切手の一部を、モロボシ・ダンに焦点をあてた新規デザインに変更し、新色の真っ赤な特製ケース、京商製ミニカーをセットにしてマッハ7でお届けする。

今にも走り出しそうな躍動感

最高時速365kmという桁外れのスペックをもつポインター号はミサイルやレーザーのほか、バリア装置や地中レーダーなど攻守に優れた特殊兵器を搭載している。

猟犬のように作中所狭しと活躍したポインター号の姿そのままに、ミニカー製造のプロ「京商」の手により立体化。今にもエンジン音が聞こえてきそうな造詣を、1/64スケールで楽しむことができる。書斎の片隅を地球防衛軍の秘密基地にしてみてはいかがだろうか。

ポインター号とモロボシ・ダンの雄姿が切手シートに!

ウルトラヒーロー達の活躍は世を忍ぶ仮の姿にも格好良さが宿っている。

ウルトラセブンといえば、地球観測に来た風来坊「モロボシ・ダン」の活躍ははずせない。

ウルトラ警備隊の隊員として活躍する「モロボシ・ダン」の光線銃を構えた姿は、今も心に焼きついた光景と思う。

そんな「モロボシ・ダン」とポインター号の当時の貴重な写真をお借りして切手シートの中に凝縮した。

旧友とのやりとりやここぞという時の手紙に使ってほしい。

ウルトラヒーローをイメージした真っ赤な専用ケース

ケース背面の小窓から見えるポインター号の姿はまるで秘密基地の格納状態だ。

誰しも憧れたウルトラヒーロー達を象徴する、真っ赤なボディカラー。

幼少の時分にはウルトラマンごっこで、「セブン役」を取り合ったのではないだろうか。

今回のポインター号のミニカーセットには、そんなウルトラセブンをイメージした真っ赤なボディカラーの専用ケースが付属する。

ポインター号の雄姿をふんだんに使った収納ケースは文字通り永久保存版に相応しい内容だ。


この地球防衛軍が誇る名車とウルトラセブンの雄姿を、昭和のウルトラセブンファン、平成のウルトラセブンファン、そして次世代のファンへと是非受け継いで欲しい。

▲トップへ戻る